読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アメリカの大学生活---日記

ミネソタ州立大学ムーアヘッド校 2015年-2017年の日記

AUD シュミレーションブログ 息抜き メモ

 

blogdekaikei.com

大手監査法人 環境 メモ

 

blogdekaikei.com

AUD シュミレーションブログ 販管費 メモ

 

blogdekaikei.com

*販管費分析の種類ごとにまとめて分析的実証手続きを行う。固定費、水道光熱費、修繕費、消耗品。

 

 

差異が大きい時は前期と当期の状況に何か変化は無いか会社に聞く。

---大規模修繕費や支店移動にかかった費用分を除外して分析する。

 

取引数が少ない科目なら、詳細テスト

 - 広告費など

 サンプリング→契約書、見積書、納品書、納品書、請求書、銀行の出金明細、通帳など。

 

AUD シュミレーションブログ 預金 メモ

 

blogdekaikei.com

*預金は基本的に銀行確認上の残高とぶつけるだけで残高の実在性は確認出来る。(ただし、預金はビジネスの結果として、生じるため増減を把握しづらい)

 

監査調書:預金

手続き:

①確認状による残高確認 ②増減分析 ③簡易CashFlow分析

結論:

重要な虚偽表示が無いことについて適切な監査証拠を得た。

 

Index      銀行名     前期  当期 増減 増減率

1000 ○銀行A支店   普通   111          158      47          47%

1002    ○銀行B支店   普通   321         553     237         72%

1003    ○銀行C支店   普通   384         442      58          15%

                                     当座    88          102      14          16%

     合計                            __           __        __           __

 

増減コメント:

 

*増減理由を把握すること(不正があれば、変な増減が生じることもあるため)

増減の理由を調べる時は、会社の議事録、稟議書のレビューを見ると役立つ。

資金の増減について、簡易CashFlowから、税引前利益、減価償却、引当金増減、売上債権、仕入債権をだす。(当期−前期の変動)

 

 

簿記基本 仕分の基本 三日目

 

studyboki3.com

 

例題1:

A商店の現金の実際有高は、帳簿残高よりも100円多かった。

.

.

.

.

.

解答:

   Dr.  Cr.

現金100

現金過不足 100

(Cash discrepancies)

 

例題2:

現金が帳簿残高よりも100円多かった理由が売上を記入し忘れたものであると分かった。

.

.

.

.

.

解答:

      Dr.  Cr.

現金過不足 100

売上       100

 

*現金が余剰か不足しているかを見る。余剰なら左に、過不足なら、右に記入する。

 

例題3:

現金過不足500円あることが分かった。

.

.

.

.

.

解答:

     Dr.  Cr.

現金過不足500

現金       500

 

例題4:

例題3の現金過不足の原因が交通費の記帳漏れであったことが分かった。

.

.

.

.

.

解答:

      Dr.  Cr.

旅費交通費   500

(Travel expense)

現金過不足           500

 

studyboki3.com

 

問題5:

現金過不足800円のうち、300円は水道料金の計上漏れが原因だと分かった。

.

.

.

.

.

解答:

      Dr.   Cr.

水道料金300

(Utility expense)

現金過不足  300

 

 

簿記基本 仕分の基本 二日目

 

studyboki3.com

 

問題1:

所有しているK社の配当金領収書(1800円分)が送られてきた。

.

.

.

.

.

解答:

         Dr.       Cr.

 現金1,800

受取配当金   1,800

(Dividend Income)

 

*配当金領収書はすぐに換金出来るので、現金として扱う。

 

簿記基本 仕分の基本 一日目

 

studyboki3.com

メモ:

*簿記での取引とは「資産、負債、純資産、収益、費用が増減する行動」を対象とする。例えば、「アパートメントを借りる契約」は資産、負債、純資産、収益、費用は増減しないので、簿記上では取引として扱われない。

 

練習1:

B商店はC商店に商品200円を売上、代金を小切手で受け取った。

.

.

.

.

.

解答:

   Dr.    Cr.   

現金100

売上  100

 

練習2:

利付国債の利札600円が支払期日を迎えた

.

.

.

.

.

解答:

   Dr.  Cr.

現金600

利付国債 600

(Interest on securities)